asatte FORCE参加作品女のみち2020
〜アンダーコロナの女たち〜

女のみち2020〜アンダーコロナの女たち〜

2020年10月1日(木)、2日(金)
本多劇場

脚本・演出
ペヤンヌマキ
出演
内田 慈 もたい陽子 高野ゆらこ 尾倉ケント

「ブス会*」の代表作である「女のみち」シリーズの新作。
「テレ東無観客フェス2020」で無観客での上演を配信して
ご好評を得た「女のみち特別編〜アンダーコロナの女たち〜」を、
今回は劇場にお客さんをお迎えし本多劇場バージョンの演出で上演します。

舞台は緊急事態宣言が明けた後、久しぶりに行われるAV撮影の控室。
外出自粛でうっぷんが溜まりまくった女たちは怒涛のようにしゃべりまくる!
そしてコロナ厳戒態勢下で行われるAV撮影はいったいどうなるのか!?

more

News

  • 2020.9.1

    ペヤンヌマキとブス会*トーク2020「女のみち2012再演」配信上映会 開催

    9月20日(日)阿佐ヶ谷ロフトにて上映&トークイベントを開催致します。詳細はこちら → https://www.loft-prj.co.jp/schedule/lofta/153514

  • 2018.11.4

    ペヤンヌマキとブス会*トーク2018開催

    11月19、20日渋谷 アップリンクにて、トークイベントを開催致します。当日、『エーデルワイス』チケットの会場販売を行います。購入特典あり!
    詳細はこちら→http://www.uplink.co.jp/event/2018/52741

  • 2017.12.29

    リーディング『男女逆転版・痴人の愛』久留米公演決定!2018年1月21日久留米シティプラザにて。

    詳細はこちら → http://kurumecityplaza.jp/events/684

  • 2017.2.3

    ペヤンヌマキ著『女の数だけ武器がある。 たたかえ!ブス魂』幻冬舎文庫より2月7日発売

    https://www.amazon.co.jp/dp/4344425758

About

2010年、AV監督としても活動するぺヤンヌマキが、舞台作品を上演する為に立ち上げたユニット。
劇団員を持たず、ぺヤンヌマキが毎回好きなメンバーを集めて作品を上演。
境界線に立たされた女性たちの悲喜こもごもから、現代日本に生きる女性のリアルをあぶりだしつつ、
時には『したたか』に、時には『しなやか』に逞しく生きる女性の姿を、シニカルさと優しさが共存する観察眼で描く。

ペヤンヌマキ×安藤玉恵生誕◯◯周年記念ブス会*

ペヤンヌマキが、同い年の女優・安藤玉恵と立ち上げた新しい舞台のシリーズ。
「生誕40周年ブス会*」を皮切りに、節目の年に公演を行っていく予定。50歳、60歳、70歳、80歳……何歳までできるかお楽しみに!

Profile

ペヤンヌマキ

ペヤンヌマキ

1976年生まれ、長崎県出身。ブス会*主宰/脚本・演出家
早稲田大学在学中、劇団「ポツドール」の旗揚げに参加。
2004年よりフリーのAV監督(ペヤングマキ名義)として活動する傍ら、劇団ポツドール番外公演‘女’シリーズとして、2006年に『女のみち』、2007年『女の果て』を上演。(脚本・演出)
2010年、演劇ユニット「ブス会*」を旗揚げ。以降全ての作品の脚本・演出を担当。
第4回ブス会*『男たらし』、第6回ブス会*『お母さんが一緒』が二年連続で岸田國士戯曲賞最終候補作品にノミネートされる。
2017年より、女優・安藤玉恵と新たなプロジェクト「生誕○周年記念ブス会*」を始動。
第1弾の生誕40周年記念*ブス会『男女逆転版・痴人の愛』はリーディング版で地方ツアーを実施。
また、フリーの映像ディレクター・脚本家としてテレビドラマなども手がける。
BSテレ東『メンズ温泉』(演出)、テレビ東京『吉祥寺だけが住みたい街ですか?』(演出)、フジテレビ『リテイク 時をかける想い』(脚本)、テレビ東京『恋のツキ』(脚本)、NHK総合『ちょい☆ドラ2019・斬る女』(脚本)、テレビ東京『来世ではちゃんとします』(脚本・演出)、WOWOW『有村架純の撮休』(脚本)